球速を上げるための簡単な意識とは?

こんにちは!

ショウマです!

 

今回は球速を上げるために

まず意識してほしい

簡単な考え方をお伝えします。

 

f:id:shoma6611:20180701164449j:image

今まで色々考えすぎて

結局どうしたらいいのか

わからなくなってしまった

こととかありませんか?

 

この考え方を持つことで

球速を上げるために必要な意識を

一旦、簡単に意識できるので

 

今までの練習の必要性も

わかってくると思います!!

 

逆にこれを知らずにやっていれば、

速い球を投げるための1番簡単な基礎を

知らないために、

 

練習しても、球速が上がらない、

成長が急に止まってしまって、

ライバルに置いていかれてしまう。

 

f:id:shoma6611:20180701164518j:image

 

当然試合での結果にも影響が出ます。

周りからもあなたは

そこまでの選手だったんだと思われ、

悔しさしかの残りません!

 

こんなことにならない為にも

今回お伝えする

簡単な意識を持っていてほしいです。

 

 

まず、野球における

主な動きの内容は

【回転運動】

です。

 

f:id:shoma6611:20180701164546j:image

バッティングにしろピッチングにしろ、

すべての動作には

必ず回転の要素が含まれています。

そして、

 

球速の速い投手と球速の遅い投手の

動きを比べた際、

球速の速い投手のほうが

体の回転のスピードが速いです。

シンプルに考えてみてください。

体をすばやく回転させられることが

できれば球速は上げられると思いませんか?

そして体をすばやく動かすことが

できない投手は比較的、

球速は遅い傾向にあります。

 

たとえある程度、

球速があっても筋力だけで

生み出した力なので

球の質も球速も上りきりません!

 

f:id:shoma6611:20180701164708j:image

 

そして体を速く回転させることに付随して、

速い回転に耐えうる体も作っていく

必要があります。

体を速く動かす為のトレーニング方法は、

いろいろあります。

 

手っ取り早く

簡単にできるトレーニング方法は

「ショートダッシュです!

 

f:id:shoma6611:20180701164730j:image

 

3m、10m、20mぐらいの

距離でやってみてください。

それは回数をたくさんできるからです。

いくら速い動きが出来るようになっても

それだけでは球速を上げるのは難しいです。

なので、

筋肉の最大出力を高める

トレーニングも平行して行なうことが

重要になります。

このショートダッシュ

体を早く動かせるようにするには

お勧めのトレーニング方法です。

筋肉の最大出力を高める為の

トレーニングも

平行しやっていけるとなおいいです!

 

次回は

筋肉の最大出力を高める方法

についてお伝えしたいと思います!

 

f:id:shoma6611:20180701164756j:image

 

今回のスピードを上げるための練習は

すぐにでもできるので、

今日、明日の練習から取り組んで下さい!

 

速い球は体の回転から生み出されることを

根本に置いて投球していきましょう!

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!!!!!

 

投げたいところに140kmの球を投げれるようになりい人以外は見ないで下さい!

 

あなたは投手をやっていて、

どうやったらコースを狙って

投げれるのかわからない

 


もしくは,

 


何度も何度も失敗して

どこを直せばいいのか

何をすればいいのかわからない

思ったことありませんか?

 

f:id:shoma6611:20180426003649j:image

 

練習したのにコースを狙って投げれない。

 

 

 

難しいところに投げたのに

簡単にヒットにされる

 

 

 

フォアボールを量産してしまう。

 

 

 

 


すぐに得点を与えてしまう。

 

 

 

毎試合、毎イニング、

結果の差が大きい。

 

 

 

どうやったら改善出来るの?

 

 

 

こんな経験したことないですか?

 

 

 

むしろ

 

 

 

自分のせいで試合を壊してしまって

周りから冷たい目で

見られたことはありますか?

 

 

f:id:shoma6611:20180426003835j:image

 

 これは、

 

今の自分の投球に満足できず

急速、制球力を上げて三振を

奪えるようになって活躍したい

思っていない人には見て欲しくありません。

 

 

 

毎日練習しているのに、

 

 

 

球速も上がらない。

 


制球はバラバラ。

 


簡単に打たれる。

 

 

 

結果失点を与えて試合に負けてしまう。

 

 

 

「成長したい!」

 


「変わりたい!」

 


「どうしたらいい?」

 

 

 

そう思っているあなただけに

読んで欲しいのです。

 

 

 

 今の自分に少しでも満足している人は

求めていません。

 

f:id:shoma6611:20180426083344j:image

 

私と同じ

制球力、球速に悩んで試合に勝てず

辛い思いをした人のためのものです。

 

 

 

=====================================

 

んにちは。

ショウマです!

 

 

 

自分のせいで試合を壊したことが

あると聞いてやばいと思いましたか?

 

 

 

私は何度もありました。

 

 

 

ほんとに

失敗ばかりでした。

 

 

 

 


ある時、私は

必要なときに三振が取れる、

そんな投手になりたいと

思ったのがきっかけで

 

 

 
✔️三振の奪えるストレートを

投げれるようになろうと決意しました。

 

 

f:id:shoma6611:20180426083615j:image

 

 

さあ、やるぞ!と思い

何も詳しい知識のない

私はひたすら思いっきり投げました。

 

 

 

これで空振りが取れると思っていました。

 

 

 

しかし、呆気なくヒットを打たれました。

 

 

f:id:shoma6611:20180426083837j:image

 

「あれ?」

 


「打たれた…」

 


「たまたまかな?」

 

 

 

次の打者にもヒットを打たれました

 

 

 

コースもど真ん中で甘々のボールでした。

 

 

 

連続で打たれ、

 


「全力で投げたのに打たれた…」

 

 

 

気持ちを込めて投げた球を簡単に打たれ

めちゃめちゃ落ち込みました。

 

 

f:id:shoma6611:20180426083944j:image

 


もう1度投げてみました。

やっぱり簡単に当てられました。

 

 

 

空振りを取るどころか

むしろコースの甘くて

打ちやすい球でした。

 

 

 

「難しいコースに投げれば打たれない」

 


この時そう思いました。

 

 

 

ですがどうでしょう

コースを狙えば狙うほど

ストライクが入らない…

 

 

f:id:shoma6611:20180426084016j:image

 


何度も何度も挑戦し、練習しても

同じ結果を繰り返すばかりでした。

 

 

 

どうすればいいかわからないと

悩んでいた時に

 

 

 

ある出来事が起きました。

 

 

 

この年、新しく野球部の顧問に、

普段から野球のことばかり考えるほど

勝つために考えている

先生が赴任してきました。

 

f:id:shoma6611:20180426084122j:image

 

その先生に悩んでいることをいったんです。

 

 

 

 


すると僕の投げ方を見て

 


改善すべき

 


ポイントコツを教えてくれました。

 

 

f:id:shoma6611:20180426084226j:image

 


教えられた方法を練習し、

実際に投げてみたところ、

今まで制球すら定まらず

失敗ばかりだったのに

 

 

 

なんと球速もさることながら

制球力が以前よりも良くなり

 

 

 

空振りを取れるストレートを

投げることが出来ました。

 

 

 

気持ちを込めて投げたボールが

キャッチャーミットに収まり、

その時の

 


「パンっ!」

 


というミットの

乾いた音は本当に気持ち良かったです!

 

 

f:id:shoma6611:20180426084352j:image

 

 

何度も失敗し、

ピッチャーを諦めかけていたので

 

 

 

自分の投げたボールで

空振りを取れたことが

すごく嬉しかったです。

 

 

 

周りからも、

 


「ナイスボール!」

「今の球速かったな!」

という言葉をもらえ、

 


結果を出すことの

喜びを心から感じました。

 

f:id:shoma6611:20180426084712j:image

 

 

アドバイスをくれた先生に

感謝しても

しきれないくらいでした。

 

 

 

やっと成功の光が見えたことを

実感し今後どう成長していけるのか

とても楽しみになりました。

 

 

 

それから

少しでも速く、制球力のある

ストレートを投げたいと思うようになり

 


練習の幅を広げ、

球の質に磨きをかけていきました

 

 

f:id:shoma6611:20180426084829j:image

 

すると

 


毎イニングのように三振を奪い

失点も激減し、

試合にも勝利!

 

まさに成功の連続でした!

 

 

 

 


それ以降も、

意識し続け取り組んだ結果、

 

 

 

 


レギュラーを外れ

ピッチャーをクビになりかけ

ドン底を味わった私が、

 

 

 

2ヶ月ほどで、

打者を打ちとり三振も取れ

制球できる

140kmの球を投げることが出来ました!

 

 

f:id:shoma6611:20180426084940j:image

 

 

 

 すると後輩から

「どうしたらそんなに

キレのある球が投げれるの?」

 


という質問をされたので、

 

 

 

後輩に

この方法を試して見たところ、

 

f:id:shoma6611:20180426085113j:image

 

 

驚くことに

 

 

 

 

その後輩もヶ月としないうちに

5キロアップさせて、

厳しいコースにばかり投げ込む

ことができるようになっていました。

 

 

 

僕がすごいのではなく、

この方法が凄かったのだと

感じた瞬間でした!

 

 

 


そして、私は

この経験をして思ったことがあります。

 

 

 

私と同じように、

ピッチャーで球速や制球に悩み、

どうしていいかわからず

辛い思いをしている人を救いたい。と

 

 

f:id:shoma6611:20180426085712j:image

 

私と関わった人が、

ピッチング悩みのせいで

野球を嫌いになって欲しくない。

 


強くそう思いました!

 

 

 

なので、

今このブログを書いています

 

 

 

何度も失敗が続いてになり、

 

 

上手くなりたい!という

気持ちがあるのに諦めてしまうと

すごく勿体無いと思います。

 

 

 

後悔しか残りません。

 

 

 


だから、

そんなあなたのために、

ここまで読んでくれたあなただけに、

プレゼントがあります。

 


・いくつも三振が奪えるようになりたい

 


・今よりも高い制球力が欲しい

 


・チームから頼られる

   ピッチャーになりたい

 

 

 

そう思っている人のための物です。

 

 

 

今の自分に少しでも満足していて、

変わりたいと思っていない人は

 

求めていません。

 

今すぐにこちらを閉じてください。

 

 

 

できるのであれば

私が直接一人ひとりにお伝えしたいの

ですがそれはちょっと難しいので、

 

 

 

 

私は、高校野球が引退してから

私が球速、制球力を上げ、

打たれないようになった方法を

さらに改善しまとめたものを作りました。

 

 

 

 


その中でも、

重要な基礎的な部分。

 

 

 

その名も

「 投手人生転変プログラム

                  スターティング編 」

です。

 

 

 

 


今回は、特別にこれを

あなたにプレゼントします!

 

f:id:shoma6611:20180426092127j:image

 

 

下記のフォームから、

必要事項を記入して

必ず受け取ってください。

 

 

 

(ここで受け取らないと

 

ここまで読んだ時間と気持ちを

無駄にしてしまいます。

 

そして、ピッチャーとして

成長するための技術を

ゴミ箱に捨てることになります。

 

それでも良ければ

このページを

閉じてもらっても構いません。)

 

 

 

迷惑LINEは1000%届きません、

LINEデータの悪用は一切ありません。

 

下記から受け取ってください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓f:id:shoma6611:20180523180929p:image

公式ラインを追加して頂いて、

メッセージくだされば、

プレゼントをお渡しします!

 

あなたも変われます!

 

私に任せてください!

 

 

このプログラムを

見るだけで、

 


・空振りの数が増え

投げるのが楽しくなる

 


・安定感のあるピッチャーに

まで急成長

 


・マウンドに立ちたくて

たまらなくなる

 

 

あなたは、

チームの信頼を取り戻し

活躍できるピッチャーに

変貌を遂げます。

 

f:id:shoma6611:20180426124619j:image

 

もう、登板したら失点する

ポンコツピッチャーではなくなります。

 

 

 

ぜひ今回のプレゼントを受け取り

楽しい野球人生を手に入れてください。

 

 

 

下記から受け取ってください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

f:id:shoma6611:20180523180929p:image

迷惑メールは1000%届きません。

LINEデータの悪用は一切ありません。

 

 

【人数を制限します】

 

唯一、

あなたに謝らないと

いけないことがあります。

 

 

一人でも多くの人に

この投球論を

教えたいのですが、

 

 

それをしてしまうと、

一人一人にかける時間が

少なくなってしまいます。

 

 

なので、今回は人数を

20名に絞らせていただきます。

 

 


これは、このページを

読んでくれたあなたに、

必ず幸せな生活を掴んで欲しい

からこそのお願いです。

 

 

人数を限定するかわりに、

一人一人に

かけられる時間は増えます。

 

 

是非、

一緒に楽しい野球人生を

手に入れましょう!

 

 

f:id:shoma6611:20180426130500j:image

 


( ここで受け取らないと

 

ここまで読んだ時間と気持ちを

無駄にし、あなたは今と何も

変わらず悩み続ける野球人生を

歩むことになってしまいます。

 

それでも良ければこのページ

を閉じてもらって構いません。)

 

下記から受け取れます!

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓f:id:shoma6611:20180426221437p:image

何度もいうようですが、

 LINEデータの悪用も一切ありません。

 

 

今のまま思うようにいかず

辛い野球人生を送り

悔いを残すのか、

 

 

それとも、

 


球速、制球力を上げ、

打ち取ることも

三振を取ることも出来る

信頼感のあるピッチャーになり

 

悔いの残らない

楽しい野球人生を送るのか、

 

 

 

全てはあなたの決断次第です!

 

 

 

今すぐ決断し、

一歩踏み出してみてください

 

f:id:shoma6611:20180426130732j:image

 

 

この選択で、数ヶ月後の

あなたの人生は変わります。

 

 

 

そのために私は全力であなたを

サポートします!

任せてください!

 

 

 

ここから受け取ってください。

f:id:shoma6611:20180523180929p:image

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

迷惑メールは1000%届きません。

LINEデータの悪用も一切ありません。

 

 

私にあなたのサポートを

させてください

 

 

 

 一緒に頑張っていきましょう!

 

 

 

 あなたなら出来ます!!

 

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

横の回転が大事なんです!

 

んにちは。

ショウマです!

 

 

今回は

身体の回転軸によって

球速を上げるための方法

を紹介します。

 

f:id:shoma6611:20180424173306j:image

 

これが出来ないと、

球速と、制球を共に

上げるのは難しいです

 

そのため、すこし球速が

出るようになっても制球が定まらない

 

逆に制球が良くなっても球速が落ち、

ボールの回転も悪くなってしまいます。

 

ピッチャーは、

球速だけでも、

制球力だけでも、

やっていけません。

 

勉強も部活も両立しろと

良く言われますが、

球速も制球力もある程度

両立することが大切です!

 

 

そのためにどうしたらいいのか、

それは、

自分の身体にあった回転軸を知り、

身体の回転速度を上げることです!

 

 

投げる際の身体の回転には、

「縦の回転」「横の回転」

があります。

 

 

投げる方の肩の縦回転

速度を上げるのは

オーソドックスな方法で、

上体を水平になるぐらい速く倒すやり方です

 

上から振り下ろすような

投げ方がこれに該当します。

 

f:id:shoma6611:20180424171905j:image

 

欠点としては、

頭のブレが大きくなるので、

制球が悪くなる事があります。

 

 

 

投げる肩の横回転

速度を上げる方法は、

大リーグでは主流の投げ方です。

 

 

僕は最初は肩の横回転を意識して、

リリースの際は

肩の縦回転をするように練習しました。

 

それにより球速が上がり、

制球力も共につける事が出来ました。

 

 

実際に肩の縦回転、横回転の

速さを各投手が自分なりに

組み合わせて投げています。

 

f:id:shoma6611:20180424170800j:image

 

ダルビッシュ、松坂、黒田投手なども、

横回転の比率を高めることで

素晴らしい記録を納めています。

 

 

オバースローだからといって、

上から縦の回転を使う意識

だけでなくてもいいのです。

 

では横の回転の比率を高めるには

どうしたらいいのか

 

f:id:shoma6611:20180424171126j:image

 

そのためは、

右投手は、

骨盤を3塁の方向から素早く

1塁に向けるように意識して下さい。

 

左投手の場合はこの反対です。

 

これで体感周りの回転は意識出来ます

 

 

肩の横回転を意識し、

身につけるには、すこし投げ方を

スリークオーター気味に投げて

みると回転を理解しやすいです。

 

 

これを意識し自分に合った形を

身につける事が出来れば、

質の良いボールを投げる事が

出来るようになり打たれにくくなります。

 

f:id:shoma6611:20180424171259j:image

 

自分に合った縦と横の回転の

比率を理解して、

球速、制球共に安定感のある

投球を手に入れましょう

 

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます!!

 

気軽にコメントよろしくお願いします。

 

投手が持つべきメンタルとは

 

んにちは。

ショウマです!

 

 

今回は、

投手の持つべきメンタルの鍛え方

についてお伝えします。

 

f:id:shoma6611:20180424091236j:image

 

試合中、思い通りにいかず、

何をしても上手くいかない

ときありませんか?

 

確かにヒットを打たれたり、

フォアボールを出してピンチを広げ

点数を取られたりしたら

気持ちは下がると思います。

 

f:id:shoma6611:20180424091411j:image

 

でも、気持ちの持ち方、

考え方を知り、意識することで

 

ガラスのメンタルでも、

鋼のメンタルに変身します!

 

 

そこでまずは、戦略戦術以前に、

心体技のコンディション

整えることが必要です。

 

 

大会の前は様々な感情

なることは分かります。

 

f:id:shoma6611:20180424091636j:image

 

ピッチャーに関して言えば、

不安でたくさん投げたくなる

傾向にあるでしょう。

 

「あと一球、あと一球」と、

不安感情から

たくさん投げたくなるのです。

 

 

実際に僕もその1人でした。

 

しかし、これをやってしまうと

2つのマイナス

自分に降りかかってきます。

 

f:id:shoma6611:20180424091744j:image

 

1つ目は、疲労が溜まることです。

たくさん投げると、

本番で息切れするような

流れになってしまいます。

 

大会すこし前からは、

練習で決めていた球数も、

自分が納得出来れば

すぐに終わるようにして下さい。

 

2つ目は、やればやるほど

不安感情が大きくなることです。

 

それなりに今まで練習を

積み重ねてきているのに、

直前になってバタバタするのです。

 

身体的にもメンタル的にも

自分からマイナスの流れを

作り出していきます。

 

試合でのメンタル改善の前に

この2つに気をつけてみましょう。

 

 

こからが、

試合中のメンタルについてです。

 

 

メンタルに不安のある人の多くは、

目の前の打者を

 

(三振を取ればいい。)

(打たれなければいい。)

 

端的な理想を考えてしまっています。

 

f:id:shoma6611:20180424091938j:image

 

このメンタルでは、

1つ上手くいかないと、

予想外のことになってしまい

すぐに不安感情を持ちます。

 

 

これが続くことで、

無意識のうちに無駄な力、感情が入り、

制球の乱れなどに繋がります

 

人は考えていたことが、

失敗という形になってしまうと

マイナス感情を持ってしまいます。

 

 

それをなくすためには

何をしたらいいのか、

それは「成功の領域」を広げることです!

 

f:id:shoma6611:20180424092109j:image

 

試合の状況を瞬時に考え、

その状況での最低限の

プレーを考えて下さい。

 

極端に言えば、

ランナーがいない状態の場合、

(ホームランにならなければいい。)

と考えればいいのです。

 

 

このメンタルなら、

三振を取れなくても、

ヒットを打たれても、

成功感情を得ることが出来るのです。

 

 

成功をより多く感じることで、

簡単には折れないメンタル

手に入れれます。

 

メンタルで負けないためには、

失敗感情を減らし、

成功感情を増やせるような

考え方をもってください。

 

 

f:id:shoma6611:20180424092309j:image

 

メンタルを強くして

どんな状況になっても、

落ち着いて対処していける

そんなピッチャーになりましょう!

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます!!

 

 

気軽にコメントよろしくお願いします。

【球速UP】意外と理解出来てない腰の落とし方!

 

んにちは。

ショウマです!

 

 

今回は、

球速UPのために必要な

腰の落とし方について

紹介します。

 

 

球速を速くする1つの要素として、

すこしでも打者に近いところで

リリースできた方が球速は上がります

 

f:id:shoma6611:20180424003633j:image

 

より打者に近いところで

リリースしようと思ったら

足を開く必要があります。

 

 

そして足を開こうと思ったら、

当然腰も落とす必要が出てきますよね。

 

そのことは理解できると思います。

 

ではどんな体勢で

腰を落とせば良いいと思いますか?

 

と聞くと、

理解できている選手は少ないです

 

 

周りから腰を落とすように

意識しろと指摘されても、

具体的にどうすればいいか

理解出来てないと身につきません。

 

f:id:shoma6611:20180424003820j:image

 

つまり理解出来てないと、

急速を上げることが出来ないのです。

 

最悪の場合フォームに悪影響を与え

急速にも制球にも支障がでてしまいます。

 

 

そうなれば、結果が残せず、

成長も出来ず、いつの間にか、

試合にも出場出来なくってしまいます

 

f:id:shoma6611:20180424004113j:image

 

現状維持では、

いつか周りに追い越されます

さらに差が開きます

 

新たな成長を促すためにも

これを読んで、

腰の使い方を理解して下さい

 

 

下半身が使えているかどうか

を一言で言うと、回転運動

しやすいように前の足

を着地できているかと言うことです。

 

f:id:shoma6611:20180424004424j:image

 

投球動作は、

並進運動回転運動が大切です。

 

 

その二つの運動をスムーズに

速く行うことができれば

当然投げるボールも速くなります

 

 

脚の場合は付け根に

大腿骨があってそれを支える

骨盤があります。

 

その周りの筋肉に

無理のない姿勢で着地することが

できればスムーズに回転運動

繋げることが出来るのです。

 

 

腰の落とし方を実際に

投球動作に繋げるには、

 

まずは正しい姿勢を身体に

覚えさせるために、

動きやすい歩幅で開いた状態で

スクワットをすることが良いです

 

f:id:shoma6611:20180424004819j:image

 

あとはそこから左右に体を動かし、

その動きがリラックスして

無理なくできればスムーズな

回転動作に繋がると思います。

 

 

すぐにこれを実践して、

今よりも速い球を

投げ込めるようになりましょう!

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます!!

 

気軽にコメントして下さい。

 

精密機器になりましょう!

 

んにちは。

ショウマです!

 

 

今回は

投球の再現性を上げ、

急速、制球UPするためのトレーニング

の方法を紹介して行きます。

 

f:id:shoma6611:20180423185714j:image

 

あなたは急速制球力も上げて

結果に振れ幅の少ないピッチャー

になりたくないですか?

 

 

これを行えば、

フォームの崩れを無くすことができ

フォームの再現性

身につけることができます。

 

 

その結果、

球速も上がり

制球力もつけること

出来るのです。

 

f:id:shoma6611:20180423185833j:image

 

では何をするのか、

それは、

 

体幹トレーニング」

 

です。

 

 

体幹トレーニングという

言葉よく耳にしますよね。

 

体幹とは、全身から頭部と

四肢(手足)を除いた

胴体のことを指し、

股関節も含みます

 

f:id:shoma6611:20180423190042j:image

 

その体幹を支える体幹筋群

鍛えるトレーニングが

体幹トレーニングだと考えて下さい。

 

 

なぜ体幹を鍛えないといけないのか、

 

それは動作をする際の

ブレを最小限にし、動作の再現性

上げるためです。

 

 

体幹の筋群は、

ジャンプしたり走ったり

ボールを投げる動作で腕や脚を

使うときに身体を安定させてくれています

 

f:id:shoma6611:20180423190731j:image

 

体幹再現性を求められる動作

において重要なのです。

 

つまり、体幹トレーニングで

体幹の筋肉を鍛えていくと

身体が安定しフォームが

身につきやすくなります。

 

 

体幹安定しないということは、

 

フォームが安定せず、

フォームが1球ごとに

崩れてしまえば再現性

損なわれているということになります。

 

 

再現性が損なわれていると、

1球投げるたびにズレが生じ、

制球が定まりません

 

 

良い投球フォームでも、

体幹力が弱いと維持できず

これでスピードや制球が

定まらなくなってしまいます。

 

 

体幹は下半身で発生させた力

増幅させながら上半身に

伝える役割を担います。

 

f:id:shoma6611:20180423191431j:image

 

安定して効率良く力を

伝えることによって

疲労感も少なくなるのです

 

 

体幹がしっかりしていなければ、

力がうまく腕へ伝えられず

パワーダウンしてしまい、

フォームもぐちゃぐちゃ。

 

 

そのような状態で投げていたら

肩や肘・手首の故障

繋がるかもしれませんよね。

 

 

いくら高い技術があろうと

体幹による安定が無ければ

力を発揮出来ないのです。

 

 

体幹トレーニングを重点的

行ったことで、

 

(フォームが安定した!)

(急速が上がって制球力もついた!)

(肘、肩に痛みを感じなくなった!)

 

など実際に様々な結果が出ています。

 

 

体幹鍛えることで、

 

・球が重くなる
・手投げにならない
・スピードが上がる
・疲れにくくなる
・重心移動がうまくなる
・体の重心の動きがスムーズになる
・フィールディングが早くなる
・クイックがうまくなる

 

など、多くの効果が得られます

 

鍛えないのは非常に勿体無いですよね。

 

f:id:shoma6611:20180423191243j:image

 

なので今回は、

 

【1】横向き足上げ

【2】足上げ下げ背筋

の2つの方法を紹介します。

 

 

まず【1】は、お尻の筋肉を鍛えます

これを行うことで、

足を踏み込んだ時の、

足の割れが改善されます。

 

f:id:shoma6611:20180423191807j:image

 

1.横向きになりましょう。

この時に、身体が曲がらないように

まっすぐ横になってください。

 

2.上の足を太ももに力を入れず、

お尻の筋肉を使ってゆっくりと

真横に引き上げて、ゆっくりと

しましょう。

 

あげた方の足の膝は

曲がらないようにしてください

"目標"  10回  ✖︎   3〜4セット

 

 

次に【2】は、

脊柱起立筋と臀筋と太ももの

裏側のハムストリングを鍛えます。

手足と体幹の連動を意識しましょう

f:id:shoma6611:20180423192041j:image

 

1.うつ伏せになりのように

万歳した状態になりましょう。

 

2.対角線上の手足の上げ下げを

交互に繰り返して下さい。

 

"目標" 20回 ✖️ 2〜3セット

 

 

f:id:shoma6611:20180423192354j:image

あなたもこのトレーニングによって、

再現性を手に入れ、

理想のピッチング

出来るようになりましょう!!

 

 

 

最後までお付き合いいただき

ありがとうございます!!

 

気軽にコメントよろしくお願いします!

 

 

 

 

上半身と下半身の力の向き揃ってますか?

 

んにちは。

ショウマです!

 

 

今回は

球速、制球UPのための

下半身から上半身への力の伝え方

を紹介します。

 

f:id:shoma6611:20180422065649j:image

 

この方法を知る前に

「上半身の使い方」

「下半身の使い方」

の内容の記事を見ていない場合は

まずそちらから見てみてください。

 

f:id:shoma6611:20180422065818j:image

 

上と下の力の方向がズレていれば、

軸足にめた力も、

上半身のしなりによる力も、

最大限に引き出す事は出来ませんよね

 

 

ズレがあれば制球も乱れ

上手く急速も出せません

 

周りからは成長しない奴だな、

バカにされてしまいます

 

f:id:shoma6611:20180422071923j:image

 

あなたにはそうなって欲しくありません!

 

今すぐズレを改善し、

理想のピッチングを手に入れましょう!

 

f:id:shoma6611:20180422071829j:image

 

これは球速や制球力で悩んでいる

ピッチャーの投球動作の

ほとんどで見られる共通点でもあります。

 

 

技術がなかなか向上しない

ピッチャーの場合にこのことが多いんです。

 

それは踏み出していく

側の脚の動かし方です。

 

 

右投手なら左脚、

左投手なら右脚です。

 

振り上げたこの脚の足部を、

多くの投手が垂直運動

接地させてしまっているんです。

まるで地面を踏み潰すかののように。

 

 

上半身は並進運動しているのに、

脚は垂直運動をしてしまうということは、

上半身と下半身の力の方向が

異なるため、動作が連動しません

 

 

これでは当然パフォーマンスを

向上させることはできません。

 

そのため垂直運動を改善し、

踏み出す足を並進運動させ

ながら接地させるようにしましょう。

 

f:id:shoma6611:20180422070440j:image

 

そうする事で、、

 

 

力の方向が打者の方に向き、

リリースの位置も前になり、

より速く正確なボール

投げれるようになります。

 

その結果、奪三振の数も増え

試合運びが楽になるでしょう。

 

 

これを身につけ今まで

無駄にしてきた力を

活かせるようになりましょう!

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます!!

 

コメントよろしくお願いします!